Squall

 

 

皆様こんにちは!

 

 

そして、コメントのお礼や、写真の説明が遅くなりました。

 

 

前回の写真は歯磨き☆

ネットで見て、このスリランカの歯磨きを使ってみようかな?

と、想っていた数日後、クラスのメンバーにいただき、不思議な氣持ちになりました??

と、2年前に100日練習した蓮の花、仏画の木島昌利先生が爐いい有瓩販紊泙靴討ださいました。

 

今日のは、本日自由が丘に小さく集合したスタ誕仲間です。目黒ひとみさんと加川明さん。

わたしが、サンドウィッチを食べましょう!?‥と場所を決めさせていただきました。

でも、オムライスが一番人氣なのですよ!

 

 

はちさん、「パステル ラヴ」への想い、心に響きました♡

ぱふぱぱさん、お嬢様のご無事ご出産おめでとうございます!

Kiyoshiさん、葉山は‥大きさは別として御用邸の隣に親戚がいましたのでお馴染みの海です。

その頃の愛犬ロルカとお散歩して、岬で「ジャスト フィーリング」を歌った想い出があります。

 

コメントしてくださる皆様、いつも日記をチェックしてくださる皆様に感謝します☆

 

 

地下鉄の窓を叩く強い雨

「地下鉄だから外は見えないんですよね」(ふふ)

「いや、地上に出るところもありますよね」(ご心配なさらず)

そのような遣り取りを聴きながら、ふーん、そうなのかしら‥(まだ乗ったことないかも)

でも、電車の窓を叩くと言う訳ね?そのシチュエーションを頭に入れて歌いました。

グレーと赤のコントラストをイメージして、歌ったのかな?と想い出します。

今は練習で「 Squall 」の真っ只中にいる自分になって歌うのが快感です。

5 6 7

 

 

皆様こんにちは!

 

 

先日、自由が丘のとあるベンチから聴こえたお話。

コロナって567だから、8月になったら終わるんじゃない?

それから間も無くどこかへ立ち去ったお二人。あれは空耳だったのかしら。

 

 

前回に続いて、アルバムの曲順を追いながら、何か書いてみようかしら?!

今回は「パステル ラヴ」のいろいろ・・・・

 

19歳の時に歌ったこの歌は、まだ恋愛経験のないわたしでしたので、想像上の恋の歌です。

爐Δ燭里ばさん畩湘追匚樟萓犬里宅にレッスンに伺っていた頃、アドヴァイスがあり‥

「みんな経験が大事というけれど、恋愛は本からも学べますからね!」‥ハイと頷きました。

 

狡垢い海搬圓燭擦討瓦瓩鵑覆気き

これはわたしが「パステル ラヴ」に向かって言うことだったのではなかったかしら?

生みの親、ディレクター渡辺有三さんとシンガー&ソングライター尾崎亜美さん。

お二人とご一緒したデヴュー曲のレッスンはとても緊張していて、カセットテープに

残っているわたしの声は本当にぎこちなく、このように!と言われると強張ってしまい、

今ならリラックスを知るわたしですが、当時は全然できない人、なのでした。

このテープはお聴かせできないレベルですね〜

 

最初のレコーディングの日はリズム隊で、未知なる世界に林檎を一つ持って乗り込みました。

あんなふうに音に触れるのは生まれて初めてでしたから、とてもココロが喜んでいました。

レコードコレクターズのインタヴューにもありますが、船山基紀さんアレンジのデヴュー曲

リズム隊からしてカッコイイ!のでした。

 

間奏からサビを歌う時は、繋がりがないのでちょっと勇氣がいりました。

それで、氣合いを入れて歌ったのがスンナリOKで嬉しかったです。

 

出来上がったレコードを聴いたスター誕生のプロデューサーが爐海譴OKしちゃったの?

と言ったのを覚えているのですが、ナチュラル過ぎるという意味だったように記憶しています。

 

カバーもされていますので、この先スタンダード・ナンバーとなっていくのかも??

日々の練習の中で、ふと想いました。

 

 

狄佑枠瓩靴澆鮠茲蟇曚┐襪燭咾鉾しくなれるんだと‥

「5 6 7」は、憂い事ですから、ご一緒に乗り越えてまいりましょう。

 

 

わたしが Just Feeling を歌い出すとき

 

 

皆様こんにちは!

 

 

昨日、お財布を盗まれる夢をみたのですが、吉夢なのかしら?

本当かしら。。

 

 

この先のライヴ活動は未知なるものですが‥

なるべく多くの楽曲を歌いたいと想っています。

どんどん歌わないと!と、時間に挑んでいけるうちに。

 

アルバム Feeling Lady の1曲目は Just Feeling 

練習の時は、最初にくるサビの部分はマイクを外して歌っています。

そう!?ライヴの時に出だしはご一緒に歌おうと想っていて‥

そんな風にアイデアを想い浮かべては、一人で楽しんでいます。

この曲は浜辺に足を踏み入れたわたしが、先ずは宣言するのです。

誰も誘わずにきましたって。一人で氣持ちを確かめるのに選んだ場所。

そしてピッタリなタイミングの潮風がフィットして歌い出すのです。

独り占めしたい青空は恋の物語、空は男性名詞(フラ語)でもありますし‥

 

 

実は春からまたお肉を食べない生活に戻したのです。

この2年ほどは、体を重くしなくてはいけない氣がしていたのですが

そういうことでもなさそう?と、ココロの声を聴きながら決定しました。

食べたもののイメージって、自分のそれに近いんです。アーユルヴェーダの医師は

わたしに牴垢くて滑かなもの瓩鮨べるように言いました。

とっさに茶碗蒸し?!って想い付いたのですが、他にもありますね〜

 

 

🦚 最近ウチに孔雀がやってきました。

🇮🇳 自由が丘アーサのパラクパニールは美味しいけど‥シェフ シンさんは天国へ。

 

 

 

 

 

 

 

七夕☆

 

 

皆様こんにちは!

 

 

7月はいつだって梅雨の季節ですね〜

 

 

誕生日前に駆け足で札幌に行ってきました。

 

札幌の狸小路、というのが幼少期にいた場所で、その界隈を歩いていたら‥

昭和20年代からやっているハンコ屋さんがありました。

ちょっと立ち話をして、ご家族の方が作っているハンコを買うことにしました。

「お名前」の中に爐罎Δ貝瓩筬猴辞瓩鮹気靴討發蕕い泙靴燭ありませんでしたので、

何か好きな文字にします!と、言って選んだのが牴鮫瓩海涼呂脳さいわたしの牴鮫

が育ったことをイメージして買わせていただきました。

 

いつまでも体があるわけではありませんし、体がなくなると声もなくなってしまいます。

けれど今は、わたしの大切にしている牴鮫瓩醗貊錣棒犬ているのは楽しいです。

出て行ったら戻ってこない牴鮫瓩任垢ら愛おしいですね?!

 

昨日は、歳忘れ歌い納めに「 Feeling Lady 」を持って出かけました。

 

今日はわたし、たくさんメッセージをいただきました。

皆様、本当に本当にありがとうございます。

 

はちさん、きっと歌を聴きにいらしてくださいね。

akkyさん、ジュンベリー・ジャム、イメージだけでも体にいいですね。

ぱふパパさん、いつも応援していただき、本当にありがとうございます。

 

明日、7/8水曜日 朝9:30頃から〜 (約10分〜15分程度) ハッピーエフエムいたみ

『ハッピーモーニング』 シミケン☆さんのフリートークコーナーは、金井夕子の 話題&楽曲。

ハッピーエフエムいたみホームページのトップページより、サイマルラジオなどで、全国どこ

からでもお聴きいただけます。

 

 

毎年松武秀樹さんがバースディソングを贈ってくださるのですが、今年はこの爛▲ペラ瓩任靴拭

https://www.youtube.com/watch?v=K4Ei6x1ofCk&feature=youtu.be

 

これからのスケジュール

 

 

皆様こんにちは!

 

 

今年はファーストアルバムから!と想っていましたが、世の中の状況に応じるカタチで‥

 

 

先ず、ソワレさんのところ PetitMOI では、7月から少しずつ、配信と少人数のお客様をお迎えしての

イヴェントを始めてゆくそうですので、森園みるくさんとのトークショーにお誘いいただける予定です。

その後、9月頃には、山口県ノイズ・バーで、ソワレさんとジョイントライヴ、状況により決定します。

 

10月、GAL ReBorn は九州男をお借りして、元氣を取り戻すライヴをやりましょう!と、いうことに。

その後、金井夕子のファンミーティングで、なるべく多くの皆様にお逢いできますよう願っております☆

 

どのイヴェントも日取りが決定しましたら、この先にお伝えしてゆきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます!

 

 

GAL ReBorn 「薔薇とピストル」映像がクリアになってアップされました。

https://www.youtube.com/watch?v=pu3jaL5_r-0&list=PLFMfjvyXB3qY1AJ8wVUwncyTQYFUOnBXh&index=3&t=0s

よろしければご覧ください☆
☆6月18日のランチミーティングは自由が丘で集合☆ 
♡そのサンドウィッチ♡‥登場回数多め

 

 

次回更新は7月7日、昨年一昨年と本当にありがとうございました。‥コトシハヒトリデサミシイデス‥

サンドウィッチ de デート

 

 

皆様こんにちは!

 

 

明日、サンドウィッチを久しぶりに目黒ひとみさんと食べに行きます。

と、お話ししたら、keiZiroさんも黒ちゃんもご一緒にということになりました。

と、言うことは、GAL REBORN のミーティングになっちゃうのかしら、これは!

 

薔薇とピストル、視聴者が増えているのですね〜

あの日の出来映えはとてもよかったんです。みんなで初めての歌と踊りのお披露目に夢中でした。

またカッコよく踊りたいなー!?‥それで、心身ダイエット中です。だってキレが大事なんですもの?!

 

 

今日は本当に久しぶりのヨガクラス、帰宅してパソコンを開けるとソワレさんからのメッセージが!

 

ご待望をいただいております7月4日のライヴ‥明日には、方向を定めたいと想います。

ご高齢のお母様とお住いのkeiZiroさんを心配して、開催を検討していたところです。

まめしばメンバーの練習は、密を避けるが故にスロースタートとなり‥

今暫くお待ちいただけますようお願い申し上げます。

 

 

毎日の食べ物が自分になる、そう考えると最初の関門は食材選びとなりますね。

完全無農薬って心強いです☆「血がサラサラになる」玉ねぎは日光浴でさらに効果がアップ!

そして最近コーラを作ってみました。でも炭酸はちょっとだけにして、紅茶のスパイスとしています。

 

 

爽やかに晴れている日は梅雨を忘れてしまいますが‥

毎日がウイルスを忘れない日々だなんて、ふとココロを緩ませてみたくなります。

☆*:.。.来月7日は誕生日.。.:*☆ 

  

 

皆様こんにちは!

 

この先、世の中がどのように変化するとしても‥

準備は万全に‥の方向です。

 

昨日、ちょっとした打ち合わせをしました。

ファーストアルバムの一曲、昨年からこれは友人に踊ってもらいたいな、と想っていて‥

閃いたことは大事にして、頼んでみると‥喜んで引き受けてもらえました。ご期待ください!

 

衣装‥今回は密を避けるために延び延びになってしまい‥間に合わなかったら、ごめんなさい。

でも、明日はその打ち合わせに出かける予定です。

 

最近、わたしのこころの明るさにフィットするお氣に入りのこの曲。

Bourvil - La tendresse 優しさがなくてはね、という内容です。

もしよかったら、聴いてみてください☆

 

4月末の出来事で、幼少期の写真を披露する企画(Facebook)に誘われた一枚、記念に貼りました。

簡単な3分半クリーンナップ・ヨガ ぱふぱぱさん、これはいかがでしょう?画像粗くてごめんなさい。

シミケン☆さん、コメントありがとうございます。冒険好きなわたしの人生の一部、楽しんでいただけましたか〜

 

怖がらずに用心して、これからも大切な時間を生きてゆきたいと想います☆

 

 

ORIENTAL MOON

 

 

 

自然な愛情‥

 

どうやら、欠けていたものが埋まったようでした。

インドの館で得たもの‥そのことに氣付くことだったのでしょう。

 

 

お別れのビズから、シンガポールのトランジットホテルまでの間は何か、

フワフワとして異次元にいる氣分でした。そう、蓮の池を飛ぶ蝶々のような‥

部屋に入り荷物を置いた途端、不思議な‥今までに感じることがなかった感情が

湧き起こりました。猯瓩世箸靴燭蕁という切なさがわたし全体を包みました。

 

一瞬、引き返したいという想いに駆られましたが・・・・・・・

離れてしまっても、ずっと恋していたかったから、その恋は始まりました。

 

 

ドクターは初めから、それを知っていたに違いありません。

時間をかけて癒されなければならなかったことについて。

 

 

昨年11月の終わりに想い浮かべた‥「オリエンタル ムーン」の等身大の解釈。

恋しい方・届かぬ人の意味を更新して、もっと暖かく言葉を伝えたいという氣持ち。

10年の時間、お逢いした時に感じたことを疑わないで、わたしの中に温めてきました。

Dr.Jouhar は現実の人として‥今もカラリで、たくさんのゲストの為に活躍されています。

 

作詞をしてくださった松本隆さんの、長く振り返って味わうことのできる作品、

「オリエンタル ムーン」に出逢い、今も歌うことができる幸運を‥胸に刻みます‥

 

 

最初にわたしを迎えてくれた、お椀のような半月は、わたしを受け入れてくれるサイン

だったのかしら‥

 

 

もっと、カラリについてはその魅力を、そしてエピソードを語りたいところですが‥

5月の狄兇衒屬蠧記瓩海諒佞任しまいです。ありがとうございました。

 

6月は、現実に戻って‥様々な毎日に向き合いたいと想います☆

 

 

​ ​

KALARI KOVILAKOM

 

 

深夜の KALARI KOVILAKOM フル稼働しても眠れない‥南インドのしじま‥お城だった棟の

二間続きの部屋に入ると、テーブルには Welcome Yusan と花びらで作った文字、ベッドには

ジャスミンの花が散りばめられていました。夜が明けても、今と変わらない世界のままかしら?!

 

 

朝食後、担当ドクターの待つ場所へ向かいました。

アーユルヴェーダの医師は犂蕕篁伝陲ら様々なことを読み取る瓩板阿い討い燭里猫爐覆襪戮平静で

いられるように瓩噺世な垢せて。ドクターは、とても深い目をしていて、入り口で目が合った時から

着席するまでの間もじっとこちらを見ていました。何か、今までに出逢ったことのない鑑識力のある

眼差し、と感じました。もうきっと、いろいろなことをお見通しなのでしょうか‥2週間髪を洗わ

ないように瓩鉢犁磴たくなったら我慢をしないで涙を流すように瓩噺世錣譴燭里印象的でした。

 

マッサージの種類や献立、すべて一人一人のためにドクターが指示を出します。

世界の国々からゲストが到着し、食堂では、ヨーロッパ諸国、ロシア、シンガポール‥の方々と

約2週間をご一緒しました。本当にテーブルでは隣の人と主食も同じではありませんでした。

初日の夕食後は、ホールで南インドの舞踊を観賞しました。

 

 

デトックスの日を挟んで、毎日は、朝のヨガアサナ‥月夜から始まり、日の出を迎えます‥朝食、

ドクターとの面談、マッサージ、10時の果物、ヨガニードラ、昼食、マッサージ、16時のジュース、

カルマヨガ‥お散歩など自由に過ごす‥夕食、何かアトラクション、とこんな感じで過ぎてゆきました。

 

 

「わたしは今、想い通りの場所にいます。大きくて、暖かい場所。」(ノートより)

 

 

2週間‥こころも体もリラックスして、軽やかになりました。

ドクターとの最後の面談の終わりには‥わたしにとって初めての爛咼梱瓠点鼎に雨が降り、

こころに残るセンチメンタルなお別れとなりました。部屋に戻ると、ドクターから

「いなくなると寂しい」という内容のメールが届いていました。

 

 

さようなら。初めての南インド。

2009年の不思議な扉

 ​ ​

 

皆様こんにちは!



始まりと終わり。その始まりに終わりがやって来る予感と現象。あぁ、やはりその日は

やってくるのかしら‥わたしの世界にある猯物語瓩砲弔い董△修α曚い泙靴拭

その兆し‥僅かにインドから、見知らぬ人からの1通のメールから。

 

 

その人(女性)は、わたしの信頼するインドの館(アーユルヴェーダの施設)から初めての

メールを送信して、これから帰国の準備をするところ、日本でお目にかかりたいという内容を

伝えてきました。どうしてわたしに?わたしの担当のドクターからの紹介とのことでしたが‥

他愛のない現実に潜んでいる爐笋辰討る時瓩魎兇玄茲辰唇貂鯒の冬。

10年の恋物語瓩暴わりの時が‥ゆっくりと扉が閉じられる予感。

 

その女性に初めてお逢いしたのは、そのメールからすでに数ヶ月経った頃でした。館を知った

経緯や、ヨガとの出逢いなどを尋ねられ、また、館に今度はご家族といらっしゃるということ

でした。わたしの10年慕ってきた方の最近のお姿を知りたくて、写真をお願いできますか?と

言うと、快く引き受けてくださいました。

 

それが春のことでした。それから秋の終わりになり、館での写真が添付されてきました。

10歳下とは想えない落ち着きのあるその方がカメラに向かって微笑んでいました。‥その頃、

大好きな薔薇のモチーフ、ピンクとベージュの優しい色の買ったばかりのスカーフを、落として

しまいました。美容師のエリさんとお夜食を目指して、自由が丘のカフェに落ち着いた時、その

スカーフはありませんでした。直ぐに美容室からカフェまでの道を、何度も行ったり来たりしました。

あくる日も探して歩きました。サラサラになった髪に巻いて、強い風が吹いている中を歩きましたから

飛んで行ったのは間違いないのですが‥、消えてしまったように想いました。

爐擦辰く買わせていただいたのにごめんなさい瓩斑舂匹靴離轡隋璽覯阿気鵑砲詫びをするほど

氣に入っていたのです。間もなくわたしは、当時の記念の写真を壁から外すことにしました。

そのように体が動いてしまったのです。自然に。

 

 

その館を目指し、初めてインドに向かったのは、2009年の12月7日。

コーチ空港に降り立ち、迎えの車に乗り込むと2時間半ほどかかります瓩塙陲欧蕕譟普通の速度

なら5時間はかかりそうな道のりを、インドらしいと言われる、カーチェイスとも想える派手さで走行

しました‥眠氣が飛ぶほど!いえ、ぶっ飛ぶほど! お椀のカタチの黄色い半月が、右の窓から、

そして左の窓からついてきました。クッションを抱きしめ、到着までに死んでしまうのではない?

と、手に汗を握るようなドライブでした。

 

 

車を降りると、真夜中の不思議な世界の入り口が待っていました。

 

 

この猯物語瓩3回に分けて書こうかな、と想います。

5月中、わたしのインドの旅をお楽しみくださいますか?

 

  1 / 9pages   >>