5月のパリのレストランで

Namaskaram!

 

 

 

皆様こんにちは!

 

ブラウスの5月と思いきや、3日間ストーブをつけたりしていましたが‥

またとても暑かったり、この先梅雨寒もあることですし、ストーブは梅雨明けまで?!

 

5月の想い出といえば2005年の初パリ☆

好きなものを売る♪ それが楽しみで始まりとなった寒がりの私に最適なカシミヤショップ

での仕事、ホテルの中にあるそのお店で10年間勤めている間に海外視察のご褒美がありま

した。私が仕事を楽しくするきっかけとなったその旅行、初めてのパリでの貴重な経験は

パリのブティックではなく、レストランという場所でのもてなしでした。

 

そのレストランは、ル プティ ポントワーズという名前で、今もおそらく人氣店☆‥

その日は女性が2人で所狭しとワインやお料理を運んでいました。素敵なレストランでも

“お姉さん”たちはエプロンにサンダル履きの軽装、にこやかに軽やかに素早く運んできて

その合間の一言二言がデザートタイムまで流れていくようにお料理を美味しくしていました。

何か神業のような!楽しく美味しい空間にある氣遣いを感じさせない心地よさ。何かしら?と

感じたそのままのニュアンスを持ち帰って、その後の仕事場でも実践していきました。

ところでまた翌日に、どうしてもマグレ ド カナールが美味しすぎたこともあって、再びお店に

行きました。すると、お店は派遣?で成り立っているのか‥、素敵なギャルソンがサーヴィスを

してくれました。その時もかなりインパクトのあるサーヴィス!その日は道々ガムを噛んでいて、

出そうと紙類を探しましたがバッグになく‥当然のことながら、テーブルには紙ナプキンはあり

ませんので困っていると、その方が手を差し出したのです。まさか?!と見上げると、どうぞ♪

と当たり前のようににこやかに!‥どうして?その自然な、親切?!そのことも心に響きました。

いいものは全部持ち帰ってくる、私の海外旅行での教訓の幕開けでもありました。

 

ワインのデモンストレーションをしている時に、お勧め上手ですね!何か流れるような説明‥

と言われると嬉しくなります。きっとあのニュアンスをキャッチできたからだわ!と密かに

想っています♪ そして、笑顔が人をリラックスさせることを本当に感じられるようになった

海外での幾つかの学びは貴重です。いつかまた、別件を記しておきたく想います♪

 

📷 「プラカップの底に穴を開けた小さな鉢に発芽した種を移動」「11月まで収穫可能!?」

 

   / pages   >>